左折専用車線が存在する道路での自転車の通るべき場所

左折・直進・右折(二段階)にかかわらず左折専用車線。

 

自転車の基本規則をおさらいしよう。

道路交通法

第二条 十一 軽車両 自転車、荷車その他人若しくは動物の力により、又は他の車両にけん引され、かつ、レールによらないで運転する車(そり及び牛馬を含む。)であつて、身体障害者用の車いす、歩行補助車等及び小児用の車以外のものをいう。

第十七条の二 軽車両は、前条第一項の規定にかかわらず、著しく歩行者の通行を妨げることとなる場合を除き、道路の左側部分に設けられた路側帯(軽車両の通行を禁止することを表示する道路標示によつて区画されたものを除く。)を通行することができる

 第十八条 車両(トロリーバスを除く。)は、車両通行帯の設けられた道路を通行する場合を除き、自動車及び原動機付自転車にあつては道路の左側に寄つて、軽車両にあつては道路の左側端に寄つて、それぞれ当該道路を通行しなければならない。ただし、追越しをするとき、第二十五条第二項若しくは第三十四条第二項若しくは第四項の規定により道路の中央若しくは右側端に寄るとき、又は道路の状況その他の事情によりやむを得ないときは、この限りでない。

より、自転車は

  • 道路の左側端を通行せよ。
  • 禁止されてなければ路側帯を通行してもよい。
  • 道路の状況・その他の事情*1の場合は適宜判断。
  • (第二十五条第二項・第三十四条第二項・同第四項は自転車に無関係)

に則るのである。

 

一応だが、

第三十五条 車両(軽車両及び右折につき原動機付自転車が前条第五項本文の規定によることとされる交差点において左折又は右折をする原動機付自転車を除く。)は、車両通行帯の設けられた道路において、道路標識等により交差点で進行する方向に関する通行の区分が指定されているときは、前条第一項、第二項及び第四項の規定にかかわらず、当該通行の区分に従い当該車両通行帯を通行しなければならない。

のため、左折専用車線は自転車の位置を制限するものではない。

左側端を走ろう*2

*1:道路の破損・工事等だろう

*2:私は左折車の右を通行した方が安全だとは思う。